地域に活力を!元気を!を目的として、全国の地域広告会社が集まる協会です。

理事長ブログ 株式会社中広 代表取締役 後藤 一俊

震度7、県内死者3700人

2019年2月23日

北海道震度6地震と、厚労省の統計調査変更のニュース、どっちが……


エッと、新聞を手に取りビックリしました。
21日、自宅に帰りひと息入れ、自室に入ろうとした21時半ごろ……
居間のテレビから緊急ニュースが……「北海道で震度6」の地震がと……


またか。昨年の9月……北海道の南西部で震度7の……
見渡す限りの山肌が同じ方向で土砂崩れ……42人が死亡、衝撃的な写真が脳裏を過ぎりました。
札幌の仲間、滝川の、旭川の支局、社員はその家族は……大丈夫かと、
思わずNHKの特別報道に見入りました。


22時14分、総務から「現地支局長と連絡が取れ、無事、直接的な被害はない模様」と
緊急連絡が入り、ホッと胸を撫で下ろした。……JLAA(一般社団法人・日本地域広告会社協会)の
札幌のメンバーには直接連絡、出張先だった彼、会社、家族とも大丈夫ですよと……
なんと言っても、厳寒の地です。被災された方に救助の手が瞬時に伸びますようにと、
祈るしかないのですが。NHKでは、北海道警では22時30分現在、負傷者3名、
死傷者の連絡は無しとの報道を聞いて……自室に戻った。


で、一夜明け。5時、ポストに新聞を取りに行って、地元新聞を見てビックリ。
一面、目に飛び込んできたのが、震度7、県内死者3700人と。エッ………
3700人の死者。あの後、とんでもない地震が北海道を襲ったのかと。


人間という奴は、いや私という奴は、そそっかしいたらありゃしねぇ。
岐阜県で内陸直下型の地震が発生した場合、被害想定を県独自で、算出したら、
そんな被害がでるとの公表記事でした。なーんだ、と自分の早とちりに苦笑したのだが。


でも、間が悪いと申しますか、昨夜の北海道地震の翌朝の朝刊……一面トップが…
驚いた岐阜新聞の読者は私だけでしょうかねぇ。
で、です。写真を参照願います。私が日々購読する6紙(朝日、毎日、読売、日経、中日、岐阜)の
一面を並べました。全紙一面には読売「厚真 震度6弱」朝日「北海道 震度6弱」
日経でも「北海道で震度6弱」朝刊の締切時間が割と早い毎日でも「北海道・厚真 震度6弱」と
一面で段抜き、第2トップで報じています。


それが、どうでしょうか。岐阜新聞は「震度7、県内死者3700人」のトップ記事の
見出しと被ると踏んだからなんでしょうか。北海道の地震は一面には掲載されていません。
社会面には他紙同様に地震の模様が掲載されていますので、
時間的に掲載が締切に間に合わなかったってわけではなさそう。整理部の判断なんでしょうねぇ。


だから、どうだってことではありませんが。
即効性を求める新聞の特徴、ニュースを追い求める新聞の姿からすると、
幸いに死者こそ出なかったが、北海道で震度6は、一面で外せないニュースではと
私は思うのですが。


私の感覚が間違っているのか、それとも、一面に掲載の厚労省、
統計問題の方が、北海道地震よりも重要なニュースと判断する整理部の感覚がおかしいのか。
その答えは読者が出すと思うのですが、ちょっとピントがねぇ。Goto

IMG_7758%20%28768x1024%29.jpg IMG_7756%20%28768x1024%29.jpg IMG_7755%20%28768x1024%29.jpg
IMG_7757%20%28768x1024%29.jpg IMG_7760%20%28768x1024%29.jpg IMG_7759%20%28768x1024%29.jpg



 
  • JLAAとは
  • 理事挨拶
  • 理事役員リスト
  • ブロック会議
  • 各種研修会
  • JLAA定款

JLAA加盟のご案内 お問い合わせはこちらから