地域に活力を!元気を!を目的として、全国の地域広告会社が集まる協会です。

理事長ブログ 株式会社中広 代表取締役 後藤 一俊

楽天の送料無料に思う

2020年1月23日

日本資本唯一のネット通販「プラットホーム」楽天にエールを送る



「楽天市場」では「税込み3980円以上」の買物をすれば
送料無料にする「新サービス」を発表しました。
発表は自由ですが、その負担は「楽天市場」の出店者です。



おいおい、プラットホームが出店者の事情を無視して、そんな勝手なことを。
「一方的な負担の押し付け」じゃないか。出店者の有志が「意を決して」
独禁法に違反しているのではないか。と公取に申し立て、調査が始まります。



楽天の言い分は。今年の3月18日からライバルのアマゾンが「自社の販売商品」に限って
2000円以上は通常配達は無料、会員は全商品を配布無料にするとの方針に対抗しての決定で、
ここで踏ん張らねば「アマゾン」に勝てないから、というのが理由です。



でも、アマゾンはアマゾン以外の業者が出品する「マーケットプレイス」は
出店者が独自に送料を決めることができるようになっています。
(アマゾンの物流網を使えばアマゾン販売商品と同様の扱いですが)



そうなんです。楽天は焦っているのです。アマゾンに。
なぜ、焦るのか。楽天は日本のオリジナル「プラットホーム」です。
米国発の「アマゾン」とは違うのです。楽天は楽天の独自性を発揮すればよろしい。
そのために知恵を絞るべきです。アマゾンの後追いをする時点で楽天は負け組です。



私は思うのです。「楽天」には哲学がない。
考えてみれば、楽天の事業はいつも他のネット企業の取り組みを見て、
後出しじゃんけんのように同じ施策を講じます。
それはそれで、楽天の経営方針なのでしょうから、良しとしても。



アマゾンとの対抗策を大事な出店者(店子である顧客)に
安易に押し付ける姿勢が実に傲慢です。
楽天に出店している中小零細事業主は「4万8661店」です。
彼らの殺生与奪権を握っているのが楽天です。



と、考えれば、アマゾンの合理性に歩調を合せて、後追いをするのではなく、
楽天独自の哲学と申しますか、理念を持って「送料の無料化」も考えて欲しいものです。
私の感覚では「楽天」らしさのない「楽天」なら早晩限界に突き当たるのではと思う。Goto