地域に活力を!元気を!を目的として、全国の地域広告会社が集まる協会です。

JLAA 観光マーケティング実務責任者養成事業

目的

2020年は新型コロナ感染の世界的な拡大をうけ、全国、全世界で「旅行」が消えてしまった年になりました。観光庁主導で、withコロナ時代の「観光」の新しい姿が模索され始めていますが、日本各地の地域では、その地の観光に携わる方々のモチベーションとアイディアでこの試練を超えていくほかありません。

JLAAでは、平成29年度より、観光マーケティングの分野において、JLAAの会員社がそれぞれの地域でイニシアティブをとって各種の事業を推進していくことができるように、「JLAA観光マーケティング実務責任者」という呼称をつけ、相応の知識をもつ人を認定する制度をはじめています。

観光庁がすすめる「あたらしいツーリズム」はどんなものになるのか?その結論を待ちつつ、コロナ禍によって観光分野の将来マーケティングを全世界的に考えなければならなくなった時間を活用して、是非、「観光地経営」の視点に立った観光マーケティングのノウハウを習得して頂きたいと思います。

観光地域マーケティング・マネジメントの機能、役割としては、次の3点が挙げられます。

(1) 観光地域づくりを行うことについての多様な関係者の合意形成
(2) 各種データ等の継続的な収集・分析、データに基づく明確なコンセプトに基づいた戦略(ブランディング)の策定、KPIの設定、PDCAサイクルの確立
(3) 関係者が実施する観光関連事業と戦略の整合性に関する調整・仕組み作り、プロモーション

また、withコロナ時代の「あたらしいツーリズム」を求めるためには、感染防止策を講じた上での魅力的な観光コンテンツの造成が不可欠とされています。令和2年度の観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業では、全国で556件の事業が採択されましたので、その実証結果の共有が次年度から徐々に始まっていくものと思われます。

今後は、観光マーケティングの基礎知識と、これらの新しい動き掛け合わせながら各種のプロモーションを展開していく必要があります。「JLAA観光マーケティング実務責任者」養成事業を上手く活用頂ければ幸いです。

なお、この養成事業は、JLAA会員社以外の方でも受験できます。同じ地域で活動されている方々にもご推薦頂ければ幸いです。

過去の受験者の声(※写真をクリックしてください)

  • 株式会社日宣メディックス
    事業企画チーム副チーム長
    布施幸則 氏
  • 株式会社 オーエス
    取締役
    高橋由彦 氏
  • 株式会社ビザビ
    コミュニケーション局
    第3営業企画チーム
    マネージャー
    池田 篤 氏

対象者

◆観光プロモーションに係る方(コンサルタント、広告会社社員、研究者など)

◆観光プロモーション事業を主管、推進する方(地方自治体の職員、観光物産関係外郭団体の職員など)

◆観光産業を担われてる方(旅館、鉄道、飲食などの事業者)

◆観光産業活性化に関心のある大学生

仕様

◆本事業は、受験者に観光マーケティング分野の実務家、専門家が執筆したテキストで学習して頂き、課題の提出によってその学習成果を確認し、合格者に対して修了証を発行、観光マーケティング実務責任者として活躍していただくことで、日本版DMOの活性化を促すことを目的としています。

◆テキストは、別ページで示す実務家、専門家、9名によって書かれています。

◆受験のお申込みの後、テキストが送付されますので、熟読頂き、指定の課題を提出してください。

◆提出された課題は、審査を経て、一定の水準以上と認められた場合、修了証が発行されます。

◆修了証を受け取った方は、「JLAA観光マーケティング実務責任者」と、名刺等に記載して活動することができます。

概要

名 称 JLAA 観光マーケティング実務責任者養成事業
主 催 一般社団法人 日本地域広告会社協会(JLAA)
目 的 観光マーケティング分野の実務責任者の育成
受験料 1名 35,000 円(テキスト代含む)
受験申込締切日 令和3年2月28日
提出課題 別ページ参照
課題提出締切日 令和3年3月10日
審査結果の通知 令和2年3月1日より順次
受験料振込先 みずほ銀行 新橋中央支店(店番号051)
普通預金 2315909
一般社団法人 日本地域広告会社協会
  • JLAA観光マーケティング・オフィサー養成事業とは?
  • 事業内容・受講料
  • 講師の紹介
  • お申し込み

JLAA加盟のご案内 お問い合わせはこちらから